塗装事業

事業内容TOP

確かな技術と品質管理で建造船舶を錆から守る造船パートナー

実績と経験に基づく施工技術と
徹底した工程管理に
確かな塗膜形成を実現します

船舶塗装における当社施工技術は、国内造船所で建造される各種新造船から修繕船の外板・甲板・各タンク・パイプラインなどのあらゆる施工区画に対応しており、安全且つ効率的な施工を行っています。
造船所内では、一般区画だけでなくPSPC対応のタンクに長年継承してきた施工技術での下地処理と塗装を行うことで、仕上がりの確かな塗膜を形成します。自社工場では搬送可能なあらゆる鋼構造物の下地処理から塗装までを一括して施工します。


1970年代より手がける貨物油槽内特殊塗装では、主要設備を完備した長崎工場において、品質マネジメントシステムISO9001に基づく防食塗膜を提供しています。
また、船舶塗装で培った防食技術を橋梁や備蓄タンク等の陸上構造物においても活かし、出張工事や品質管理業務も行います。独自の技能検定制度や公的塗装検査員資格による技術者・技能者および検査員の育成を通じて、造船業界に安定した塗装塗膜を提供していきます。

タンク内自動塗装ロボット

NACOSU (Nakata mac Coating System Utility)

特許識別番号 502180060
塗装事業塗装事業 塗装事業塗装事業 塗装事業塗装事業